ノイローゼ 何科

ノイローゼは何科に、いくべきなのか?

スポンサーリンク

今回は、ノイローゼは何科にいくべきなのか?についてご紹介します。

 

心の病の中には、神経症というものがあります。これをいわゆるノイローゼといいます。
その原因は様々あるのですが、主にストレスからくることがほとんどなのです。すべての生き物はストレスフリーという言葉はなくなんらかのストレスはあります。
このストレスの入口になってしまうのが「不安」なのです。
ノイローゼといっても種類が様々であり、その中でも共通して言えることは不安なのです。
どんなに強い人でもなんだかの不安はもっており、例えば将来の不安、試験を受ける前の不安、大勢の目の前でセミナーをしなければいけない、こんな状態が不安からのストレスに代わることでノイローゼになったりするのです。
ただたんに不安に感じているだけではノイローゼとは言えないのです。この不安が入口になって本人にとって非常に苦しいものであったり、社会や生活の中で支障をきたすレベルの不安を長期間にわたり感じることが、ノイローゼになります。
ですがやはり、自己判断が難しい病気ともいえるためしっかりと専門医に診せることが重要になります。
いったいノイローゼになった場合は何科にいけばいいのか?
まず一人では悩まないことが大切です。一人で悩むことで病状は悪化することが多々あります。
最近では内科・診療内科と看板を出しているところが多いため該当する病院は内科・心療内科があるところです。

スポンサーリンク

その中でも、ノイローゼは特に神経科になります。
病院によっては神経科と精神科が一緒になっていることがあるので、行く前に病院などに電話で問い合わせしてからのほうが正確でしょう。
もしも別れている病院ですと、ノイローゼや自律神経失調症などが神経科でうつ病や統合失調症などは精神科などに分けられます。
どんな医療機関を選ぶのがいいのか?
一番、一般的なものでいうと、診療所やクリニックです。一番私たちの身近にあるものですし、通院の治療などもしやすく、夜間や休日やっているところも多いのです。
もしも入院などを考えるのであれば、入院施設のある大き目の病院がおすすめです。
心理相談機関というのも存在していて、専門の人からのカウンセリングなどを個別に時間をかけてやってくれるため、どうしてもノイローゼに悩まされていてどこの病院にいっても効果も感じられずどうしようもない場合などはこちらはおすすめです。どこにいっても治らなかったものが相性が合うカウンセリングにあたれば一瞬で治ったりもするのです。

 

集中的に治療したい人には心理相談機関はおすすめな方法の一つでしょう。
ですが一つデメリットとすれば、保険が適用されないので全額実費ということになります。
まずは電話などで確認してからいくほうがいいでしょう。

 

まとめ〜ノイローゼは何科にいくべきなのか?〜

 

・ノイローゼは、ストレスなどが原因で起こるのです。

 

・ストレスになるのは、日常生活のちょっとした不安が入口になっていることが多いのです。

 

・一般的には、ノイローゼは神経科になります。

スポンサーリンク