ノイローゼ うつ病 関係 違い

ノイローゼとうつ病は関係があるのか?違いとは?

スポンサーリンク

今回は、ノイローゼとうつ病は関係があるのか?違いとは?についてご紹介します。

 

最近ではノイローゼとうつ病を一緒のくくりで考えている人が多いです!
このノイローゼとうつ病はまったくもって違う病気です。違う病気とはいっても中には似ている症状が多いのです!
ノイローゼとうつ病の違いで大切なのは自分がしっかりわかっているかということです。
ノイローゼの場合からまずお話しますと、ノイローゼの原因として多いのは、不安からなるものでもしもノイローゼになっても自覚があります。
イライラする症状の原因がしっかりわかっているが、体がいうことをきかない状態です。
物事を客観的にみているのにもかかわらず、うまくいかずそんなうまくいかないことが繰り返すことでまたイライラなどが出始めて憂鬱になったりします。

スポンサーリンク

うつ病はどうなのか?
なぜうつ病になったのかはだいたいはわかっていません。その物事を客観的には見ることができなくて、自分がうつ病になっていることさえ気がつかないで周りに言われて初めて知るケースがあります。
たとえうつ病になった原因がわかっても、冷静に判断ができないだめ自分にとってそれはいいことか?悪いことか?もうまくわからなくなります。
ノイローゼは、自分が思う不安などをとることが大切です。
うつ病は、自分が病気であることをすぐにきずかせてあげて病院に一度連れて行くことが大切です。
放置することで、自傷行為に走ることもあるため自覚をもたせてあげることが重要なのです。

 

まとめ〜ノイローゼとうつ病は関係があるのか?違いとは?〜

 

・ノイローゼは自分になっている自覚があるのだけれど、うつ病には自覚がないのです。

 

・うつ病の人は、自分がうつ病だときずかせてくれる友人や家族の存在が大切なのです。

スポンサーリンク