ノイローゼ 労災 退職

ノイローゼで労災扱いで退職はできるのか?

スポンサーリンク

今回は、ノイローゼで労災扱いで退職はできるのか?についてご紹介します。

 

この記事にたどり着いたあなたは、本当に仕事の肉体的部分と精神的部分でとても負担になっているでしょう。仕事などでノイローゼになるのは、人間関係であったり、仕事の内容のことがほとんどです。
むしろ人間関係の方が多いと思います。
まず大切なことは、自分に余裕を持ってください。
焦って行動すると、労災扱いで退職できないこともあります。
この記事では、必ず労災で退職できるとは述べませんが、労災扱いで退職できるようなポイントをご説明していきます。

 

まず、ノイローゼで退職した後に労災のことを考えると、とても労災扱いにするのは難しいです。
なので、まずは焦らず自分の武器を集めることが大切です。
・病院でノイローゼなどの診断書をもらうこと
まずは、退職前にノイローゼになったという事実をこの診断書で照明させます。
業務上のことでなったことをしっかりと病院の医師に伝えることで、労災適応範囲になります。

スポンサーリンク

・退職する際は、社会労務士に相談すること
結構めんどくさかったりする理由から社会労務士などを使わない場合がありますが、もしもお願いできるのであれば、退職する際に有利な条件で退職することができるのです。
・一番重要なものは、その人の言動などを録音すること
こんなスパイのようなことは、したくない人もなかにはいるかもしれませんが理不尽な人間関係の悩みだった場合は、言動をしっかり録音や動画に収めることが、物的証拠にもなるしその相手を反省させ二度と同じことがおこらないようにするために会社などに提出する最大の武器になるのです。

 

以上が、ノイローゼを労災扱いにするための武器の集め方なのですが、やはりノイローゼになり辛くなりすぐにやめてしまった場合などは、この武器などはあまり使えなくなってしまいます。
結果不十分な証拠から、ノイローゼで労災扱いが難しいと判断されることもあるので、あくまで退職前に武器を準備することが大切なのです。

 

まとめ〜ノイローゼで労災扱いで退職はできるのか?〜

 

・労災扱いで、退職することは可能ですが退職後の場合は判断が難しいのです。

 

・人間関係の悩みなどが多いのであれば、その相手の言動を録音することが一番の武器になるのです。

スポンサーリンク