子育て ノイローゼ カウンセリング 相談

子育てでノイローゼの場合はカウンセリングに相談するべきなのか?

スポンサーリンク

今回は、子育てでノイローゼの場合はカウンセリングに相談するべきなのか?についてご紹介します。

 

子育てでノイローゼになりやすい時期として、2歳児〜4歳児になりやすいです。
子供の成長するにつれて、子供が歩きだしたり話し出したりすると今までなにも言わなかった子供が自我を持ち始めます。成長することは喜ぶ半面、育児の負担が増えていくのです。
今までになかった反抗的な態度などにより、「自分の子育ては間違っていたのか?」と自己嫌悪に陥り子育てノイローゼになってしまいます。
最悪の場合、子供にたいしての虐待に至るケースもあるので本当に注意が必要と言えます。
そんな育児ノイローゼになった場合はどこに行けばいいのか?
カウンセリングなどにはいった方がいいのか?説明していきます。

 

一つ大切なことは、ノイローゼなどは一人で悩むことはよくありません。
自分でできることには限りがありますし、最悪の場合に悪化する場合もあるのです。

スポンサーリンク

・病院の治療
主に専門医による、症状に合わせた治療をしていきます。
投薬治療が多いのですが、よくなる人はこの薬だけで解決する人もいます。薬の効果により情緒不安定であった気持ちが落ち着いていくので、同時に自分に余裕ができはじめて楽になっていくということ。
まずここで注意したいことが二点あります。
医師はあなたの症状をみて投薬しているので、薬が効くと思い自分で医師に処方されていないものを自分で調達して使用しないことです。悪化の原因になります。
もう一つは、薬に頼りすぎることです。
薬に頼りすぎることにより、もしも薬がなくなった場合の不安からノイローゼが悪化する場合があります。
ノイローゼの原因として、物事に対しての不安から起こるので薬がない不安が悪化につながる可能性があります。
そんな人はカウンセリングがおすすめです。

 

・カウンセリング治療
結構勘違いされている人が多いのですが、カウンセリングは病院の先生がやるのではなく、臨床心理士によって行われることですので、保険の適応外なのです。
病院によっては、カウンセリングをしてくれるところもあり、保険は適応するのですが、時間はそう長くはありません。
カウンセリングは、今までずっと子育てのノイローゼなどに悩まされていた人が改善されることもあるためとても効果は期待できるので、ゆっくり話を言いてもらえる臨床心理士によるカウンセリングをうけることも一つの改善んいつながるでしょう。

 

まとめ〜子育てでノイローゼの場合はカウンセリングに相談するべきなのか?〜

 

・ノイローゼは一人で悩むのでなくて、だれかの協力を得ることが治療への近道です。

 

・臨床心理士のカウンセリングは、保険適応外ですがゆっくり話を聞いてもらえるので、他の方法に効果がなかった人が効果がでる可能性がおおいにあります。

スポンサーリンク