育児ノイローゼ 統合失調症 違い

育児ノイローゼと統合失調症の違い

スポンサーリンク

今回は、育児ノイローゼと統合失調症の違いについてご紹介します。

 

よく最近では、育児ノイローゼなどと統合失調症などがひとくくりにされることがありますが、実は違いがあります。
一概に違うといっても、育児ノイローゼなどと統合失調症には、にている症状も多数あります。
大きく分けていうと、ノイローゼなどの症状は不安やストレスからの心理的な部分から発症するのですが、統合失調症のような精神病は脳の働きに異常があり発症することがあるのです。

 

育児ノイローゼと統合失調症は同じ症状の部分もあります。
それは思い込みです。
なにか一つの思い込みから不安やストレスを感じるのです。

 

育児ノイローゼの人はだいたいなんのことに対して自分がノイローゼになっているか把握しています。

スポンサーリンク

育児のことで、2歳児〜4歳児というのはとても子供に手間がかかる時期なので、親に対しての負担が重くのしかかってきます。子供の自我がでてきて反抗的な態度に対してイライラしたりだとか、「このまま私は育児ができるのか」という不安から育児ノイローゼになっていきます。
このケースでは自分がなぜ育児ノイローゼになったか把握しています。

 

一方、統合失調症などの精神病は、なぜこうなっているのか?よくわからないというケースがあるのです。
ノイローゼは病気のことや今後の不安などからの現実的な部分について思い込みが発生してノイローゼになるのですが統合失調症のような精神病では、一般的な人がおもいつかないような理解できないようなことを思いこんだりするのです。
このように、育児ノイローゼと統合失調症などの症状で違う部分もあるため、治療法も変わってきますので、まずは詳しい人医師などに診てもらい対処することが大切なのです。

 

まとめ〜育児ノイローゼと統合失調症の違い〜

 

・二つの共通点は、思い込みがあるのですが精神病のほうは一般的には考えられない思い込みなどがあるのです。

 

・まずは、二つを混同しないような治療をしていくことが大切です。

スポンサーリンク