育児ノイローゼ 発狂 放置 危険

育児ノイローゼで発狂!放置することの危険な理由とは?

スポンサーリンク

今回は、育児ノイローゼで発狂!放置することの危険な理由とは?についてご紹介します。

 

子育てがうまくいかない!そんなことを思った育児ママも多いんではないでしょうか?
うまくいかないことがために、最悪の場合は育児ノイローゼまで発展することがあります。
育児ノイローゼは近年ではかなり症状を訴える人が多くなっていて、最悪の場合育児ノイローゼで発狂することだってあると言われています。
この状態を、放置することはとても危険であり、その理由について説明していきます。

 

 

育児ノイローゼで発狂しているのに放置することで、虐待につながる可能性があります。
普通に考えて、虐待は良くないことだとわかると思いますが、虐待をしなくとも発狂などの症状がでることで、子供にかなり悪影響なのです。

スポンサーリンク

・情緒不安定になる。
幼少期から、発狂しながら怒鳴られたりすることで子供の心の記憶に残り最終的に情緒不安定になります。家の中で、親には逆らえないなにかしたら発狂されるなど認識がつくといつも親の顔色をうかがって行動することが自然と多くなります。
そういった子供に限って外に飛び出しては悪いことをしたりと自分の存在意義を見つけようとしたりするのです。
赤ちゃんも言葉は、わからなくとも発狂する親を見ることで感情を感じ取ることができます。
育児ノイローゼで子供の世話ができなくなると、コミュニケーションなどをとる機会が減り、赤ちゃんの発達の障害の一つになる可能性もあります。

 

・夫婦仲が悪くなる。
説明しなくても、わかる通り育児ノイローゼなどで発狂するぐらいまでの症状になると良い家庭環境は築けないでしょう。
そういう場合は、焦らず一度休息をとり家族で助け合う気持ちがとても大切になってきます。

 

近年虐待などの、件数は増えてきている現状なのですが一番多い時期として0歳〜2歳までは7割近く占めてしまうほどの件数なのです。子供の手のかかる時期といえるのですがこの時期はとても注意がしたほうがいいですし、発狂などの症状がでるのも0歳〜2歳の間がとても危険といえるのです。

 

まとめ〜育児ノイローゼで発狂!放置することの危険な理由とは?〜

 

・育児ノイローゼで発狂することで、赤ちゃんでも感情を感じ取ることができるため子供の成長に関係してしまうのです。

 

・0歳〜2歳の間が一番、親などに発狂症状がでる時期といえるのです。

スポンサーリンク