ノイローゼ 休職 お金

ノイローゼで休職する!お金は大丈夫なのか?

スポンサーリンク

今回は、ノイローゼで休職する!お金は大丈夫なのか?についてご紹介します。

 

仕事のなどが多忙で、毎日毎日同じことを繰り返しおこなっているうちに知らずにそれがストレスになりノイローゼの症状がでます。
まずノイローゼの症状がでたら、会社をやめるのか?それとも休職するのか?悩むところでもあるのですが、どっちにしろ休養をとることは大切なことです。

 

もしもあなたが会社員であれば、ノイローゼになったときに休職する方法があります。
それは、傷病手当金をもらいながら休職する方法です。
もちろん会社にはよりますが、傷病手当金の申請が通るなら給料の60%をもらいながら休職することができます。
比較的に、仕事のストレスですと申請が通るところと通らないところがあるので、育児などのストレスその他のストレスの方が比較的通りやすいでしょう。

 

休職することで様々な不安が出てきます。
・会社内での自分の立場
もしも戻ったときに、自分の戻る場所ははたしてあるのか?
同期や後輩が自分より昇格するのではないか?

スポンサーリンク

・お金の不安
給料が休職中は全額はいってくる訳ではないので、金銭的な不安はついてまわります。
家族をもっている人は特に、養育費などの固定でかかってくるものが多いため不安は付きまといます。
・完治しなければ戻れない
医者からまだ完治したという報告がでない限り、通常は復帰はできません。
自分の中では、もう大丈夫とおもっていても、ノイローゼは再発率も高いことから気持ちばかり焦ってしまいます。

 

以上が休職すると出てきそうな不安なんですが、ノイローゼは不安を感じれば感じるほど治療の期間を長くすることがあります。
休職をして休養をとるなら、やはり一度すべて忘れてストレスフリーの状態を作ることがいいでしょう。
最悪の場合、入院などをして集中的に治すこともいいでしょう。特に休職中はまじめな人ほど、不安を抱えてしまうものです。

 

まとめ〜ノイローゼで休職する!お金は大丈夫なのか?〜

 

・ノイローゼで休職して傷病手当金でやりくりする方法があるのです。

 

・休職中は、まじめな人ほど様々な不安がでるものなので、周りの人の協力はとても大切です。

スポンサーリンク