育児 ノイローゼ 離婚 親権

育児ノイローゼで離婚した場合に親権はどっちなのか?

スポンサーリンク

今回は、育児ノイローゼで離婚した場合に親権はどっちなのか?についてご紹介します。

 

もしもあなたも離婚などをする場合に、「子供はどっちが引き取るのか?」についてお話をしなければなりません。
まず親権というのは、犠牲者にあたる子供がどちらに引き取られたほうが、利益、福祉の部分からみて有益か判断され、経済的・精神的に安定する環境であるのか考えるのです。
近年で多くなっているのは、男性が親権を取りたいというケースが増えています。
もしも親権などをとっただけでは、一緒に住むことはできないので、同時に養育権などもとる必要があります。
今回どちらかの親が育児ノイローゼなどになっている場合はどうなるのか?ご説明していきます。

スポンサーリンク

まず精神障害というものは、男性よりも女性に多くみられる症状なのです。
育児ノイローゼも男性よりも女性などになりやすい傾向があるし、専業主婦が女性に多いことから育児ノイローゼは女性に多いと言えるのです。
ですが、離婚の原因は実は男性が原因ということが多いです。例えば浮気や暴力などいろいろあります。
母親は、そんなときに男性が原因で離婚することになれば、絶対私に親権があると思う人は多いのですが、実は必ずしもそうとは言えないのです。
もしも、母親の方が精神内科などから育児ノイローゼと診断されてその症状に悩まされている場合は、「母親に子供を育てる能力がない」と判断されることが多く、離婚後に父親に親権がいくことがあるのです。
子供の親権には、経済的な部分と精神的な部分からみて、子供の利益部分を多くみることから育児ノイローゼなどと一度でも診断されたことがある人はとても不利になるので、ご認識ください。

 

まとめ〜育児ノイローゼで離婚した場合に親権はどっちなのか?〜

 

・親権の判断は、子供の利益と福祉の部分をみて、経済的・精神的にどちらの親にするのか判断することが多いのです。

 

・たとえ父親に離婚の原因があっても、育児ノイローゼなどと一度診断されると親権をとるのが難しくなるのです。

スポンサーリンク